理想にピッタリと合う翻訳会社を選んで依頼
ロゴ

翻訳は余裕をもって依頼することが大切

翻訳は依頼する量や内容によって7日から10日かかります。そのため、突然明日納期をお願いしますと言われても対応が出来ません。納期には余裕をもち、特に量が多く難しいジャンルの依頼の場合には2週間ほど前には依頼をするようにしましょう。

理想にピッタリと合う翻訳会社を選んで依頼

パソコンを操作する人

翻訳に必要な時間の目安

翻訳に必要な時間の目安はアマチュアからプロまで様々です。一般的には英文から日本語またはその逆であっても平均2000ワード、約4000文字の処理が可能になります。ベテランにもなれば、これよりも少し多くの文字数をこなすことができますが、平均4000文字ほど処理ができます。依頼するときには文字数が何文字か把握するようにしましょう。

ウーマン

翻訳会社はインターネットで検索できる!

翻訳をお願いしたいが、どの会社にお願いしたいのか初めて利用する人には分からないという人は、まずはインターネットで近くの翻訳会社を検索しましょう。インターネットなら翻訳会社を利用した人の口コミも掲載されています。これらの口コミを参考にし、自宅から近くて依頼しやすい翻訳会社に依頼をするようにしましょう。

PCを操作する人

インターネット上の評判で信頼できる会社か調べておこう

翻訳会社はどこも同じという訳ではありません。翻訳会社によっては料金設定や作業を行う人数、スペルチェックの有無などオプション体制から依頼可能な言語まで全て異なります。インターネット上では、翻訳会社を利用した方の口コミは掲載されており、良い評価も悪い評価も掲載されています。特に初めて翻訳会社を依頼する場合、これらの口コミは是非参考にしましょう。

翻訳会社への依頼の流れ

男の人

見積もりを出してもらいます

まず翻訳会社を決める前に、数社から見積もりを出してもらうといいでしょう。同じ文字数でも翻訳会社によって金額は大きく異なります。会社によってはトライアルを行っている翻訳会社もあります。

翻訳会社を決めます

見積もりや口コミを参考に、依頼する会社を決めましょう。会社が決まったらメールや電話にて翻訳会社に連絡をします。後日翻訳会社から折り返し連絡があるので、連絡があるまで待ちましょう。

翻訳会社へ行きます

翻訳会社へ翻訳してもらう資料を持っていきます。文字数をあらかじめきちんと把握すると、依頼する際に金額もわかります。どの国言葉にするのか、何日かかるのかしっかり確認しましょう。

後は連絡が来るのを待つだけ

翻訳会社と打ち合わせが終われば、そのまま持参した資料を翻訳会社へ提出するだけです。あとは出来上がると翻訳会社から連絡がくるので、連絡が来るまでしばらく待ちましょう。

広告募集中