豊富なジャンルを取り扱う翻訳会社なら任せて安心
ロゴ

一つの文章を多言語への翻訳も可能

例えば日本語から英語にフランス語に韓国語など様々な言葉に直してほしいという時、翻訳会社に頼めば多言語の翻訳も可能です。翻訳会社には様々な国の外国人が所属しているため、多言語の依頼も安心して任せることができます。

翻訳会社を選ぶ際のポイント5選

オフィス
no.1

価格はリーズナブルか

翻訳会社によっては、文字数をカウントしその金額に応じて価格を提示してくる会社もあれば、出来高制で金額を掲示する翻訳会社もあります。まずは同じ文字数でどれくらいの金額になるのか見積もり依頼を行いましょう。

no.2

多言語依頼が可能か

企業によっては様々な国と取引をする会社があります。そのため、同じ資料でも多言語に翻訳してくれる企業は海外進出をする企業にとって依頼をする際の欠かせないポイントになります。

no.3

納期が早いか

企業によっては数日以内に納期をしてほしい資料もあるかと思います。そんな時にも対応してくれる翻訳会社を選びましょう。会社によっては量によっては当日納期対応が可能な翻訳会社もあります。

no.4

利用者目線で対応しているか

初めて翻訳会社を選ぶ人にとっては、翻訳会社がどんな料金設定を行っているのか、どんな風に納期をされるのか分からない人が多いです。そんなお客様の為にトライアルを行っている翻訳会社はとても良心的です。

no.5

高品質な翻訳をする

翻訳のジャンルはビジネスだけではありません。漫画や航空関連、健康や自動車など様々なジャンルを翻訳します。幅広いジャンルの翻訳を行っている翻訳会社を選びようにしましょう。

豊富なジャンルを取り扱う翻訳会社なら任せて安心

男の人と女の人

翻訳会社への依頼方法

翻訳会社の依頼方法は、まずは依頼する翻訳会社を選びましょう。インターネットの口コミを検索したり、見積もりを依頼するのもおすすめです。これらを比較して一番いい翻訳会社に連絡します。連絡方法は電話かインターネットで完了します。資料を提出し、後日出来上がったら翻訳会社から連絡があります。出来上がりを確認し、お金を払って完了です。

PCを操作する人

翻訳会社に依頼した場合の費用相場

翻訳会社によって、文字数によって金額を設定いるところや完全出来高制を採用している翻訳会社があります。また文字カウントでもベテランの方が行うのとアマチュアの方が行うのでは金額も大きく異なります。相場ですが、コンピューターのマニュアルや化学関連の場合1文字20円から30円、金融関係なら30円などジャンルによって異なります。また英文から和訳にするのか、和訳から英文にするのかでも金額は違います。

翻訳料金は言語の種類によっても異なる

翻訳料金は言語の種類によっても異なります。一番利用する頻度が高い英文は金額も高く、1文字あたり30円前後になります。そのほかの言語も相場では20円前後になります。

広告募集中